安さの裏側にある真実。現代人必見の映画「ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~」

ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~
ユニクロ、H&M、ZARAなど誰もが一枚は持っているであろう「ファストファッション」と呼ばれるブランド達。質の良い服が安く買えることは、買い手にとっては嬉しいものですが、その安さの秘密は何なのでしょうか?

いま話題の映画「ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~」を見てきました。この映画にはその答えが解き明かされています。私たちの着ている服がどこで誰が作っているのか。なんとなく分かっているつもりだけれど、改めて映像で見るとはっと気づかされるものがあります。

縫製工場で働く人々の生活やコットン農家を取り巻く問題、大気や水の汚染が及ぼす影響など、私たちの日常からは見えないけれど確実に存在する事実。衝撃的な内容ではありますが、ぜひ多くの方に見ていただきたいオススメの映画です。

「ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~」とは

まずはこちらの予告編をご覧ください。

大量生産される服の多くが、バングラデシュなどアジアの国で作られています。人件費が安く、生産コストを抑えられるからです。しかし、洋服を作る工場の労働条件は極めて過酷で、安い賃金で12時間以上の労働を強いられることもあります。2013年にはバングラデシュの首都ダッカ近郊で違法増築された縫製工場が崩壊し、1100人以上の人が亡くなる事故も起きています。

アパレル産業は地球環境にも大きな影響を与えています。服作りには、生地の生産、染色、縫製など、いくつもの工程がありますが、綿の栽培には大量の農薬を使い、染色の際は化学薬品による有害な汚染水が出ます。これらは近隣に暮らす人々の健康に著しい被害を及ぼしています。

ファッション大量生産・大量消費がもたらすもの

詳しい内容は映画の中でふれているので、ここでは概要をご紹介しましょう。

・生産者の人道的な問題

映画の中には縫製工場で働く若い女性が登場します。彼女は毎日朝から晩まで低賃金で働いています。工場では上司に逆らうことは許されず、賃金の値上げ交渉をしたところ、殴る蹴るの暴行を受けました。彼女には小さな娘がいますが、長時間労働のため育児をすることができません。幼い女の子は田舎の祖父母の元に預けられ、お母さんと会えるのは年に数回です。

ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~
「私たちの血で作ったものを誰にも来てほしくない」と語る女性
出典:映画『ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~』予告編
ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~
日給3ドルで働く工場労働者は世界に約4000万人います
出典:The True Cost

・環境への負担と健康問題

映画の中に登場するインドの染色工場では、汚染水がそのまま川に流されています。近くに住む人々はその汚染水を生活用水に使っています。そのため、癌や皮膚病を患っている人が多く、身体的・精神的な疾患を持って生まれてくる子供も多いそうです。

大量の服を作るということは、大量の綿を育てることでもあります。綿栽培には大量の農薬を必要としますが、農薬を買う費用による経済圧迫により、農家の自殺が増加し、また年間22万人の人が農薬中毒で死亡しているそうです。Tシャツ1枚あたりスプーン約1杯分の農薬が使われているそうです。

ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~
工場からの有害な廃棄物質により皮膚にダメージを負った女性
出典:映画「ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~」

変わり始めるファッション業界

このような背景を受け、ファッション業界にも変化が起きつつあります。オーガニックコットンで服作りを行う企業、生産者に正当な対価を支払うフェアトレード企業など、環境や生産者に配慮したものづくりを行う企業が増えつつあります。

映画の中では、フェアトレードブランド「People Tree」の代表サフィア・ミニーさん、デザイナーのステラ・マッカートニーさん、アウトドアブランド「Patagonia」の副社長リック・リッジウェイさんなど、ファッション業界を代表する著名人も登場します。

今までは「美しさ」や「素敵さ」という要素がおろそかにされがちであったサステナブル・ファッションも、最先端で活躍するデザイナー達が率先して取り組むことで、どんどん質やデザインがよくなってくることでしょう。生産者や環境に負荷をかけずにファッションを楽しむというライフスタイルがかっこいいとされる時代が来るのも、そう遠くないかもしれませんね!

ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~
持続可能と美の両立は可能と語るステラ・マッカートニーさん
出典:サステナブル・ファッションと美は両立できる?ステラ・マッカートニー

映画『ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~』は、現在、全国の映画館で上映中です。お近くの方はぜひこの機会に見てみてはいかがでしょうか。

映画「ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~」
http://unitedpeople.jp/truecost/

この記事を書いた人

藤森 美佳
藤森 美佳
Cucuruの店長。
大学卒業後3年間のOL生活を経てカナダへ留学。自然に囲まれた田舎町で暮らしているうちにサステナブルな生活に興味を持つようになる。その後、中南米やアフリカの旅を経て、2015年人と地球の共存をコンセプトとしたショッピングモールCucuruをスタート。